グルメ天国 台北

 

台北での楽しみといえば、一番に食事です。

 

安くて美味しいものが町中に溢れ、朝からサンドイッチの屋台や絞りたての豆乳を売る小さなお店は大繁盛。

昼になれば台湾名物「牛肉麺」「トマト麺」「酸辛湯麺」、小籠包、焼き餃子、水餃子、焼飯、青菜炒めなど

びっくりするほど安く食べられます。

お持ち帰りの習慣も定着しているので、ビニール袋に入れたスープや麺などもバイクのハンドルに引っ掛け

運転する人が多くて驚きます。

夜市に行けば、B級グルメの屋台がところ狭しと並び毎晩大賑わいです。

臭豆腐やいろいろな香辛料の匂いと亜熱帯のムッとした空気が混ざりあい、日本人には苦手ではありますが、

臆せず食べてみるとクセになる美味しさです。

台湾では殆どの食材が台湾国内で作られていて、豚や鶏肉、米、野菜、果物も新鮮で豊富で地産地消の文化が根付いているので、
農薬などの心配もなく衛生面でも安心して何でも食べられます。

今日本でも人気のマンゴーのかき氷、タピオカ入りミルクティーなどデザートの楽しみもあり、女性には嬉しい限りです。

外で作りたての美味しくて安い食事がいつでも出来るので、台湾の女性は家で料理を殆どしません。

 

台北では食事作りという家事から解放されて、いろいろなグルメを試せる楽しみが沢山あります。